あなたはどの分野を目指しますか?転職に役立つ医療系の資格とは

医療系の資格を見ていこう

医療系の資格はいろいろある

医療系の仕事に従事する際には、多くの職業において資格が必要になります。場合によっては患者さんの命に関わることがありますから、当然資格を持った人でないと任せることができないという事情もあるでしょう。

一方で、医学部に進学して研修医を経るという医師の資格以外にも医療系の資格は存在しますので、医学系の大学に進学していなくても資格を取得できるものはあります。今回は、未経験、医療関係の従事経験を問わず転職に役立つ医療系の資格にフォーカスして紹介をしていきます。

未経験でも取得できる資格

医師事務作業補助者

医師事務作業補助者の資格を取得すると、医師のサポートをする仕事が可能です。医師に仕事に専念にしてもらうために診断書やカルテを作成することが主な業務内容で、医師不足の昨今ではこの仕事の需要も高まっています。医学や薬学の勉強こそ必要ですが、受験資格がなく合格率も高いことが特徴です。

医療事務員

医療事務員の資格を取得すると、病院で受付等を担当する仕事が可能です。医療事務の資格試験は非常に多岐に渡り、簡単な知識が問われる「医療事務検定試験」から、難関な一方で資格手当がもらえる可能性もある「診療報酬請求事務能力認定試験」などがあります。

未経験の場合は難易度が低いものから受けることになりますが、従事していく過程で知識を付けたら、別の資格の取得に臨んでみるのもいいかもしれません。

調剤薬局事務

薬剤師のサポートを行うことができます。医療事務と同様に資格はいくつかありますので選ぶ必要がありますが、在宅受験もできるのでとても取得しやすいことが魅力です。

看護助手

看護助手の仕事の資格がなくても看護師に就くことは可能ですが、看護助手の資格を所持していれば当然即戦力と期待されて、採用可能性が上がります。コミュニケーション能力も問われる仕事なので、自分に合っていると思った場合は積極的に資格取得に取り組んでみるといいです。

専門的な資格

医療関係の仕事に従事していた人の場合は、転職の際には専門的な分野の仕事に就きたいと考えることも多いと思われます。そのためには資格は必須になりますので、なかなか難しい問題もあることがネックです。

一番は3年以上養成施設に通わなければならないことであり、学生時代に過程を修了していない人は、養成機関にあたる専門学校等に行かなければなりません。そのため、受験資格を持たない状態で転職を考えている場合は、現在の仕事と並行して専門学校で学ぶという条件をクリアしなければなりません。

もちろん、資格取得となれば未経験でも取得できる資格の仕事よりも高報酬が期待できますので、魅力は高いです。

ここからは、専門的な分野の資格をいくつか紹介していきます。

臨床検査技師

血液検査や心電図検査といった臨床を行うことができます。国家試験合格が必須となり、 臨床検査技師の養成施設において3年以上知識を学び、課程を修了することが受験の条件です。

歯科衛生士

虫歯などの歯の病気の予防や医師のサポートを行うことができます。歯科衛生士も国家試験合格が必要であり、養成施設で3年間学ぶことが必要です。

理学療法士

障害を抱えている患者さんへのサポートを行うことができます。国家試験のため、例にもれず養成施設での学習が必須です。これ以外にも専門的な資格は存在しますが、どれも学ぶことが必要になるのが医療系資格の特徴です。「すぐに転職をする」ことを視野に入れている場合は、受験資格を有している人に限定されます。

医療系の分野に転職を考えている場合の注意点は?

image

自分の状況を考えて

医療系の資格はすぐに取得できるものから、ある程度勉強が必要になるものまで幅広いです。
転職のために資格を欲している場合は、自分の状況を考慮しながら取得するべき資格を絞り込んでいくことが求められるでしょう。