最高の転職先を見つけるために!web系の資格をチェックしよう

web系の資格はどのようなものがあるのか

IT業界が人手不足であるからこそ

web系の仕事を行う企業といえば、やはり第1に上がるのがIT企業です。現在IT企業はかなりの人手不足に悩まされており、働いている人も職場環境における多忙さに悩まされている状態です。

その一方で、現在は働き方の改善がIT業界に広がっている上に経験を持っている人が重宝される流れができつつあるのは、資格を持っている人にとっては朗報といえます。

IT企業に未経験で入社した人は「基本情報技術者」や、「応用情報技術者」の資格を保持することになるのは基本ですが、ここからはある程度のキャリアを持っている人が転職に役立つ資格について説明していきます。

web系の資格についてチェックしておこう

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、システムの開発から運営に至るまで、全てのwebエンジニアの分野に精通することを示す資格となっています。この資格を持っていることによりIT業界におけるエキスパートであることを示すことができるので、転職の段階で優遇された立場を獲得できる可能性があるのが大きいです。

ただし、資格取得に関してはある程度エンジニアとして従事してかなりの知識を得ないと難しいという側面もあります。

ただでさえ多忙になることの多いエンジニアの仕事と並行しながらプロジェクトマネージャの資格のための勉強を行うのは大変なので、その点を留意しておかなければなりません。また、合格率に関しても10%台と低く、狭き門であることも覚悟しておく必要があります。

システム監査技術者

プロジェクトマネージャーが企業における中心になるための資格であるならば、システム監査技術者は将来的に経営者になることを視野に入れている人の資格です。システムの作動状況を管理する能力を示す資格なだけに、クライアント企業に常駐することが基本のwebエンジニアの立場としては、今後の付き合いにとても役立ちます。

IT企業に属している状態から派遣されたクライアント企業の信頼を得て、自分で事務所や会社を立ち上げてからも仕事を獲得するといったこともできるようになりますので、「いつか自分のIT企業を持ちたい」人の場合は、転職以外にも効果が大きいです。

もちろん、この資格も難易度は非常に高く合格率も低いので、しっかりと経験を積まなければなりません。

自分の目指している業種の資格を

webエンジニアに転職する場合に大きなメリットを持つのは上記2つの資格ですが、それ以外にも資格は存在します。

webエンジニアの仕事もアプリを開発する仕事から、システムの管理、ゲームの製作など色々な業種が存在しますので、自分が望む仕事に役立つ資格を探してみることから始めましょう。

また、冒頭で紹介した「基本情報技術者」に関しては、IT業界の就業経験がない状態でも資格を獲得できるほどの知識を獲得できるものになっていますので、他業種からの転職を目指している場合は、事前に「基本情報技術者」の資格取得を目指してみるのもありです。

web系の分野に転職を考えている場合の注意点は?

image

信頼を得ることが重要なことになる

web系の仕事であっても資格取得が転職に役立つということを説明しましたが、実際に転職してみてもしっかりと実績を残せなければあまり意味がありません。激務になる可能性があることも気がかりなので、ある程度織り込み済みでないと転職しても上手くいかない可能性が高いです。

IT業界はクライアント企業に派遣されることが多いという事情を持つ以上、クライアント側からの信頼を得ることができるように基本的なコミュニケーションからしっかりとこなせるように心掛ける必要があるでしょう。

持っている資格をどう生かしていくかは本人によるところが大きいので、くれぐれも「資格を取得するまでがゴール」ということにならないようにしなければなりません。