転職に英語は役立つ?グローバルな活躍に必要な本当のスキルとは

外資系企業では英語は必須事項

グローバルなビジネスフィールドでは英語が必須?

外資系企業で働きたい、グローバルなビジネスフィールドで活躍したいというときに、英語はやはり必要です。日本は島国なので、学校を卒業してしまうと、都心部では外国人を見かけても、職場で英語を使わなくなるという人も少なくありません。外資系企業への転職を考えているなら、やはり英語は必須事項になるのか紹介します。

英語スキルはどのくらい必要か?

世界の共通語といわれる英語は、外資系企業目指すならビジネスコミュニケーションとして、またビジネススキルを活かすためにも必要です。企業内だけでなく、クライアントとの会話のときに先方のいっていることを理解しなければならないからです。また、書類上にある内容を把握し、相手に伝わる英語で会話する必要があります。

実際に外資系企業で働き始めると、管理職であればTOEIC800点以上が求められることもあり、下回ってしまうと昇格できない場合もあり得ます。また、求人情報や募集要項を確認すると、「700点以上」、または800点が条件のひとつとして記載されていることあるでしょう。

外資系の各企業の特徴や資本提供がどこの国かにもよりますが、ビジネスフィールドを広げるための転職であるなら、TOEICのスコア600点以上を目指すことがおすすめです。

なぜ必要?ビジネスにおける英語スキル

企業ごと、部署ごとよっても必要とする英語力は変わることもあり、ときには募集や選考の段階で英語はコミュニケーションレベルでも構わないとされていることもあります。しかし、日系企業と同じように、世界の他支店への移動、社内の方針やポジションの変更もあり、頻繁に変わることもあります。

また、本社や海外支店があるなら、メールや電話は英語での対応になり、都度通訳や翻訳することは不可能に近いでしょう。

日本に本社がある場合や在日支店の企業であっても、海外の本支店から配置されてきた上司とのコミュニケーションは英語ということは多々あります。また、海外への出張や転勤もあるため、ハイレベルでなくても英語スキルはもはや必須事項です。外資系企業に勤務するというのは、通常の業務をこなすときでも英語力が必要になるのは間違いありません。

英語力だけではない!外資系で求められるビジネススキル

英語力だけではなく、ビジネススキルとして「専門分野における知識」や「資格」も必要になるのが外資系の特徴のひとつです。また、海外とのやり取りが中心な場合は、専門の知識について英語で説明することも求められます。

たとえば、貿易や物流にかかわる企業なら、ある程度の英語力に加えて、貿易にかかわる専門分野における知識が必要です。貿易の場合は、送られてくる書類のほとんどが英語や略称になっています。

そうした書類の解析に加えて、実務でのコミュニケーションも英語の場合が少なくありません。そこで、実務の場合は、「貿易実務C級」や、国際貿易のスペシャリストとも呼ばれるCITLSつまり、「貿易国際資格」なども選考を通過するのに重要な資格となってきます。

また、外資系コンサルティング業務の企業であれば、財務や経理に関する「米国公認会計士」が必要になります。しかし、無資格でも応募が可能な場合も多く、このケースでは無資格であることに注目するよりも、自分の持っているスキルを強調することがポイント。つまり、英語力に加えて、ビジネスパーソンとしての魅力を強調することが重要でしょう。

身につけておきたい!海外や外資系企業で役立つ3つの資質

英語よりも大切な柔軟性・自己主張・発言力

外資系企業やグローバルな働き方を目指すなら、ビジネスマナーにとらわれない働き方が必要になります。「柔軟性」、「自己主張」、そして「発言力」です。これらの資質は、専門分野での知識よりも重要なことが多く、ほとんどの外資系企業で求められることです。

つい、日系企業での組織を重視する見方を続けていると、個人としての価値観やプロフェッショナルなスキルが埋もれてしまいます。そのために、柔軟性を身につけ、背景や人種も違う人のワークスタイルや個性を受け付けることができるなら、スムーズに仕事がこなせるでしょう。

また、しっかりと自己主張して発言することや、積極的に関わりながら行動していくことが、外資系企業での働き方の中心となります。どんなに良いスキルやハイレベルな資格を持っていても、「発言しない、行動しない」では、即解雇対象になりやすいとされています。

日系のスタイルとは異なり、上司の意見や行動を待っていることはありません。といっても、上司や同僚とともに仕事を進めていくので、コミュニケーションスキルも重要です。

英語力と専門知識とビジネスパーソンとしての魅力で勝負

外資系企業への転職を目標とするなら、英語力や専門知識などに加えて、ビジネスパーソンとしての魅力を活かすことが大切です。

ときには、英語や専門分野での知識よりも、持っているスキルを磨くだけで、外資系転職への道が開けてくるかもしれません。そのためにも、今できることや身につけられること、学べることをしっかりと吸収して一歩踏み出してみることができます。